無料ブログはココログ

« 2009 夏 山陰山陽ツーリング 6 | トップページ | 2009 夏 山陰山陽ツーリング 8 »

2009年8月28日 (金)

2009 夏 山陰山陽ツーリング 7

2009/8/14 宮津→琵琶湖  172km

本日は・・・晴れっ!
やっとレインウェアから解放ぅ!
しかも明日も晴れそうですので
今日は天橋立のあとは
琵琶湖畔でキャンプだぜっ!

9時過ぎには民宿を出発し
天橋立の中心地の「大天橋」ちかくに
バイクを駐車

いよいよ
天橋立を歩きます

天橋立は杉林が2kmもつづき
対岸まで歩くことができます
しかも杉林の両側は海!
細い場所を歩いていることが
実感できます

対岸の「龍神社」まで30分かけて歩き
ここからはロープウェイ・リフト共通券を購入して(¥630)
展望台に向かいます

やはりイメージした天橋立は上から見るに限るネ

天橋立の杉林を歩いていると、
左右は海なので細い場所を歩いている感はあるが
イメージした天橋立の感動は、上から見ないと!

さて展望台を降りて
先程の杉林を歩いて
バイクのところに戻ります(11:30)

さて次は琵琶湖を目指しますが
舞鶴市内で「道の駅 舞鶴港とれとれセンター」があり
道の駅マニア?な私としては
とりあえず寄っておきます 笑

ここは、昼時でもあったこともあり、
非常に混雑!
海の幸が食べれる場所も何か所もあったが
どこも行列!!
さすがに並ぶ気にならず
お寿司のテイクアウト店でにぎり寿司を購入
天気が良いので外で食べた
マグロは明らかに冷凍だし残念
いくらとかイカはまあまあですな
観光地はこんなもんですね
ちょっと複雑・・・

さて東舞鶴を国道27号線で通過し、
話題の「小浜市」へ
といっても単なる田舎の港町風!
そのまま素通り・・・です

上中から若狭街道(国道303号線)で、
琵琶湖畔の国道161号線にぶつかる
この161号線はバイパスになっており、
快適国道!!
スピード取り締まりのメッカの感!
こういう雰囲気は、体に染みついている気がする(笑)

勿論制限速度を守って
安全運転ですよん 笑

西浜から琵琶湖畔に出て、
お目当ての「海津大崎のキャンプ場」に向かった
ここは¥500のキャンプ場(バイク)安い!

到着したら・・・・
人と車で狭い湖畔はごった返していた
おお!
管理人さんとお話したら
「空いていたらどこでもどうぞ!とにかく見ていって」

でも・・・
歩いてみるが・・・・
ほんの猫の額の場所が空いている
しかも両隣は車でのオートキャンプ客

ワイワイしている間で、バイクで一人はきついね

丁重にお断りして、キャンプ場ゲリラ捜索に作戦変更!

予定ではこの大崎キャンプ場でキャンプする予定で
ここ以外は全く考えていなかった
地図を見ると、近隣には何か所もキャンプ場のマークがある
さぁ気を取り直して・・・と

ここからバイクで10分ほどで
オートキャンプ場がある
様子を見ながら場内で偵察
すると、管理人のおじさんが怪しげに私を見る!
やばい!不審者だ
すかさず、
「今日、バイク一台ですが空いていますかぁ・・・?」
すばやく「空いていません!」と!

空いているわけないじゃ~ん!って顔でね!
「はぁ!すんません・・・」

次行ってみよ~!!!!(ドリフ風に)

するとすぐ横にもキャンプ場があるじゃないですか!

早速様子を見ようとしたけど
不審者に見られるのはイヤなので
すぐ管理人のところへ

「今日、バイク一台ですが空いていますかぁ・・・?」

駄目もとで聞いてみた!
どうやらこのあたりのキャンプ場は
長期滞在で、湖畔でBBQしたり海水浴したり
釣りを楽しむ人々が多く集まるらしい

「バイクだと翌日はすぐに発つんですよねぇ・・・」
「はい!一晩泊まれれば!」
「一応サイトは一杯なんだけど、じゃぁ!サイト作っちゃおうか!」
「へ?はぁ・・・」
「良い場所があるよ、ついてきて!」

なんとオートキャンプしている横の隅で
格安で泊まれることになりました

隅といってもバイクなので十分なスペース
しかも目の前は湖畔だしナイスビュー!
駄目もとで言ってみるもんだね
「知内浜オートキャンプ場」
http://chinaihama.com/index.php

湖周道路を今津町に向かって約10分の「平和堂今津店」へ買い出しへ行く!

しかしガスコンロの調子が悪いなぁ・・・

« 2009 夏 山陰山陽ツーリング 6 | トップページ | 2009 夏 山陰山陽ツーリング 8 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009 夏 山陰山陽ツーリング 7:

« 2009 夏 山陰山陽ツーリング 6 | トップページ | 2009 夏 山陰山陽ツーリング 8 »