« 南東北きゃらばん① | トップページ | 南東北きゃらばん③ »

2010年8月16日 (月)

南東北きゃらばん②

8月9日 

朝7時30分に安達太良SA出発

さて・・・ここで

小生お仕事があり

福島県庁の駐車場に停めます

一時間余りで終了して

県庁を後にします

福島から、米沢、道の駅「田沢」経由

喜多方市に向かいます

ここでは!勿論「喜多方ラーメン」です

とりあえず道の駅「喜多の郷」で

市内のラーメンマップを入手して

喜多方ラーメンを探します

ラーメンマップにはたくさんのラーメン店が収載されており

とりあえずここへ!

・さゆり食堂
 午後1時30分で店外まで行列あり
 スープ終わったとのこと

なんだかイヤな予感

午後1時30分をすぎて

行列だし、閉店しちゃったし・・・

そこでネットでの口コミから

この店を!

・「遊泉」
住所 福島県喜多方市岩月町 喜多方字林崎621-1
電話 0241-24-4735

1

・道の駅のラーメンマップには未収載
・地元客が多数
・大盛り無料
・コーヒーもサービス
・煮干しダシにとんこつの甘みをプラス
・透き通ったスープであっさりだけど
 とんこつの濃厚さも味わえる
・麺は中太の縮れ麺
・製麺所併設
・チャーシューもとろとろでおいしい

2

3

さてお腹も満足したので

会津若松市内観光に向かいます

鶴ヶ城までは1時間弱で到着しましたが・・・

瓦修復のため23年4月までホロが被っていました 汗

小生、修学旅行で入ったことがありましたし

何だか子どもたちも乗り気ではないので

ここは公園内をサクっと見学!

気を取り直して

飯盛山に向かいます!

ここは・・・山ですので

当然登ります! 笑

意外と急坂で汗だくになって登りました

ここから鶴ヶ城まで良いながめ

4

高校生のときの修学旅行で

鶴ヶ城も飯盛山も来ましたが・・・

あまり・・・覚えていない

ところどころ・・・なんか見覚えがあるかなぁ・・・

そんな程度で

ほとんど初めて来たような感じでした 爆

20?25年?以上前のことですしね!(*^_^*)

さてここから日光方面に南下しますので

途中で良い温泉はないかなぁ・・・

ということで

ここに!

弥五島温泉「郷の湯」
http://www.fukulabo.net/shop/shop.shtml?s=1922

5

源泉かけ流し¥300
内湯1つ、小さな露天1つ

かけ流しで安くってきれいで良かったのですが

外はアブ?が多いために

刺されて超痛い!!

露天風呂にはほとんど行けませんでした!

さて夕食の買い出しに

会津田島駅近くのスーパーへ!

そして、道の駅「田島」に移動して夕食にしました

ここでP泊するか悩んだのですが・・・

ここから一時間弱で、道の駅「湯西川」があるので

夕食後、先に進むことにしました

しかし!

このあと・・・・

超怖い!体験!を・・・

というのは大げさですが・・・笑

国道121号線(日光街道)を

南下しますが

時はすでに12時まわっており

通る車も少なく

周りも、林を縫って走る道で

雨もパラパラ振ってしたので

視界も悪い!

ふとコーナーの先の路肩に・・・

鹿がと2頭!

こちらに進みかけていましたぁ!!

タイミングが少し違ったら・・・

こちらは避けられません!!

怖っ!!

しかも親子のようで

一頭は大きかった!

良かったぁ~

安心して先に進んでいると・・・

また路肩に1頭!!

いや~怖い!!

昔・・・

オーストラリアをバスで一周したときに

バスの前には大きなバーが付いているのを思い出しました

たしか・・・「カンガルーバー」といったかな?

夜中走っていると、

「ドカっ!!」と音がたまにします

しかしバスは何事もなかったかのように進みます

翌日、運転手に聞いてみると・・・

「あれは撥ねたんだよ!100km以上で走っていると

避けれないしね!そのために跳ね飛ばすバーがあるんだよ!」

「しかもカンガルーは夜中は明かりに向かって

突進してくるからね!!」

670dfb622725d804

我がキャンカーに付けようかな?(うそ)

« 南東北きゃらばん① | トップページ | 南東北きゃらばん③ »

キャラバン記」カテゴリの記事

コメント

喜多方は坂内食堂でラーメンを食べましたが、自分の好みとはちょっと・・・
でも、遊泉のラーメンは美味しそうですね~!次回行ったときにはぜひ食べてみたいです♪

>>HEYさん
有名なお店は
あえて止めたんですよ
並びそうでしたので!
ここは観光客には穴場のようです
是非行ってみてくださいね!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南東北きゃらばん① | トップページ | 南東北きゃらばん③ »