« GWの予定 | トップページ | 国民一人あたり1500円也! »

2011年5月16日 (月)

GW報告

GWは陸前高田のアミティーズメンバーの

5010隼さんののところへ

支援物資を届けに行き

2日間でしたが

ボランティアをしてまいりました

以前、7年前の新潟震災のときも
ボランティアに行ったこともあり
しかも4年前の中越地震のときは
ちょうど新潟のクライアント先で
打ち合わせ中であったこともあり
地震には縁?があるような
何だか変な感じです 苦笑

東北自動車道で北上したのですが
北上するにつれ
道路はツギハギが目立ち始め
徐々には被災地に近付いていることを
実感させました

一関インターからは
80km一般道を走りましたが
不思議にも回りには
壊れた建物等は皆無でしたし
あれ?と思っていたのもつかの間

陸前高田市内に入って
海に近付いた途端・・・

がらーんとした平原が・・・

Dsc00584

まだ海岸まで5km以上あるのにも関わらず
遠くの海が見えます・・・

回りは・・・惨事です
戦争後のようです

Dsc00580

市役所の3階建の上にも
ガレキが・・・

Dsc00603

陸前高田には
海岸に市営の大きな
ナイター設備のある野球場があるのですが
そのナイター設備の一番上まで
津波で隠れたそうです・・・

Dsc00639

Dsc00629

波というより
海面が十数メートル
上昇したというほうが
正しいかと思います

陸前高田の皆さんは

お互いに「がんばろう!」と
言い合いながら励ましあっているとのことです

しかし
その目は生気の無い目だそうです
あの状況で
今までも津波の被害に会われ
すでにマイナスの生活であった方々が
さらにどう頑張るというのでしょうか?

そんな状態でも
お互いに頑張ろうと言い合っている
現地の皆さまには
涙の出る思いです

ガレキ撤去のボランティアをしているときに

泥にまみれたこんな写真を

見つけました

Dsc00617

見つけた途端

心が折れました・・・

この写真の持ち主の

おじいちゃんおばあちゃんは?

それともこの七五三の写真の

お子さんたちは・・・

想像していたら・・・

目頭が熱くなってきました

この写真はボランティアセンターに

預けてきました

どうか持ち主の方、

ご家族の方の手に渡るよう

お祈りしています

« GWの予定 | トップページ | 国民一人あたり1500円也! »

キャラバン記」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした~^^;
昔ですが、死に直面した人達は皆同じ様な目をしているっと
戦記を読んだ時に書いて有りました^^;
どうしようもない、挫折感と現状を理解したくない心情なのでしょう
冷たい様ですが、早く立ち直って欲しいです^-^;

こんばんは!

被災地へのボランティア活動、お疲れ様でした。
被災した建物、車、町並みを直にみると衝撃がありますね。
テレビで見るのとは大違い。

お疲れ様でした。

写真の持ち主、ご無事だといいですね!

こんばんは^^v
ボランティア、お疲れ様です。
戦争中はこのような惨状がもっとあった日本、必ず復興再生します!

ボランティアなさったんですね
ホント頭が下がります

以前に書いてあった、被災地のお子さんの受け入れとかも・・・

実際に行動できる人の勇気と決断に、大いなる敬意を

心からありがとうございます

お疲れ様でした。

レポートを拝見させていただき現地に入った人で無いと解らない想像以上の惨劇ですね。
ニュースなどで知らせられる情報でも大変痛ましさは感じておりましたが長くかかりそうな復興にはリーダーの的確敏速な判断が求められますね。

頑張るのは直接被災していない私達が頑張って被災者さん達に有効な手助けをしなければいけまんね。

即時今できる事を実行される行動に頭が下がります。

>濱汁さん
現状を受け入れるのには時間が必要ですね
心からお祈りしています

>あき坊さん
そうなんです
写真の持ち主かご本人が
被災に遭われていないかが
気がかりです

>マッタリライダ~wさん
日本中で焼け野原だったのですよね
きっと時が解決してくれると信じています

>gonさん
とんでもありません
被災に遭われた方々からすれば
帰る家があるだけ
恵まれていると思っています
出来る範囲内で
応援していきたいと思っています

>GG(samansa5103)さん
そうですよね
地域だけで解決できる問題ではないことは
明白ですし、政治的なアシストがなければ
復興は遅れてしまいます
日本人として応援していきたいと思っています

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GWの予定 | トップページ | 国民一人あたり1500円也! »